Akasaka Gourmet

キューブグループの社員が
赤坂周辺のグルメを勝手に採点!

ハンバーグは、肉汁たっぷりなんかじゃなくていい。

Comment : 0
Pocket

どうもこんにちは。
食べ物何が好き?
と聞かれたら、秒でこう答えるYSDKです。

カレー
唐揚げ
ハンバーグ

ええ、子供舌です。

大人になり、広い世界を知り、
人の世の酸いも甘いも(ちょっとだけ)味わい、
美味しい料理にも様々出会ってきてはいるけれど、
やはり忘れられないのは幼児期の記憶、
ヤング・トラウマってやつですね。

私にとって
子ども時代の原体験ってのは強烈で、
この年になっても突然に、そして強烈に
「カレーが食べたい」
「ハンバーグ食べたい」
「パンケーキ食べたい」
という欲求が湧き上がります。

そんな欲求に本日も襲われまして、
向かいましたはこちらのお店。

※写真を撮り忘れましたので他サイトから拝借。

「a gatte tanshie(アガッテタンシェ)」で「手ごねハンバーグ(1,000円)」のランチ

秋田の食材をつかったイタリアンがテーマの
a gatte tanshie さんです。

読み方は、
アガッテタンシェ。

名前の由来は、
あがってたんしぇ。

秋田の方言、「お召し上がりください=あがってたんしぇ」を
おしゃに表現した店名だそうです。

そういえば、
どこかの県の方言をフランス語風に空耳させた
地域おこしムービーが話題になりましたね。

これは宮崎だったようです。

さてさて、店内はちょっと狭いけど、
しっかりカウンターがあり、孤独のグルメにはピッタリな雰囲気。

※こちらも他サイトから拝借
https://tabelog.com/en/tokyo/A1308/A130802/13217572/

メニューを見てみると・・・

『ハンバーグ以外にもいろいろあるんだな・・・』
『隣のサラリーマンは二人ともパスタか・・・。』
『確かにこだわりっぽいパスタで良さそうだ・・・ここはパスタで行くべきか?』
『いやいや、ここは初志貫徹でハンバーグ!』

『ソースは、デミグラス、トマト・・・
オニオンマスタード、ホワイトチーズ?
そういうのもあるのか』

『でも今日はそういうのじゃない。
昔ながらのデミグラスで勝負だ。』
ということでデミグラスのハンバーグをオーダ。

さ~てここはどんなハンバーグを食わすのかなと
待つこと約10分。
(ランチにしてはけっこう待った印象。
どうやらオーブンで焼くのに時間がかかるらしい。
ちゃんとしてるってことね。)

来ました。

 

う~んいい感じ。
トロトロの温泉卵が嬉しいね。

そして断面がこちら。

しっかりつまったギュッとしたハンバーグだ。
うんうん、いい感じ。
今日の俺には肉汁じゅわーのほどけるハンバーグじゃなくていい。
こういうギュッとした奴こそ、今日の気分。

温泉卵を崩せばこんな感じ。

デミグラスは、
かなり深みを感じるこだわりのソース。
もう少しカジュアルな家庭のデミを求めていたが、
こういうのも、いいよね。

非常においしくいただけました。

こんどは、ホワイトチーズで攻めてみよう。
いやいや、パスタもなかなか捨てがたい・・・。

そんなこんなで、YSDKの徘徊ルートにまたひとつ
候補店舗が加わったランチとなりました。

P.S.
ここんちのごはんはかなり少なめなので、
無料サービスの大盛が吉。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.