Akasaka Gourmet

キューブグループの社員が
赤坂周辺のグルメを勝手に採点!

弁当男子の赤坂放浪記

Comment : 0
Pocket

みなさん、はじめまして
コピーライターチームのSです。

もう、入社してからというもの、
ずーっと弁当男子なんですけども、
いや~飽きるんですわ、これが。

だから、今日は気分転換に外でランチさせてください。
ほら、いい天気だし。

せっかく赤坂でランチするなら…
あっそうだ、近くの職場で働いてる友達にきいてみようじゃないか。

ということで、友人の紹介で訪れたのはこちら

「天丼 金子屋 赤坂店」
日本橋に本店を構える「天丼 金子半之助」の姉妹店だそうです。

この界隈は、赤坂花柳界と呼ばれ、
かつては料亭が軒を連ね、芸妓さんで賑わっていたそうです。

なるほど、この地にふさわしい面構えですね。

店内は思いのほか、ゆったりしていて、きれいでした。

テーブル席もあるから、みんなで連れ立っていくもよし、
カウンター席で、しっかり天丼と向き合うもよし、
な感じです。

ランチメニューは、

一人ひとりが主戦力な選抜メンバーとでも言うのでしょうか。
至ってシンプルです。

僕は、「竹 鱚(きす) 味噌椀セット 1,100円」
一緒に来ていたデザイナーさんは「天ばら丼 味噌椀セット 1,170円」
を注文。

ここで、はやる気持ちを抑えましょう。
こういうのって、待った分だけ美味しくなるんですよ、知ってます?

焦る気持ちを紛らわす一息つくために、お茶に手を伸ばすと、

おっと隙あらば、黒豆。
これ、お茶と一緒に食べるやつらしいです。
おお、なんやおしゃれやなぁ。
なんてくだりも束の間

さっそく選手入場。

どうでしょう
この威風堂々とした立派な姿

ここで注目していただきたいのは、天丼だけじゃありません。
お分かりいただけただろうか…?

ガリゴボウ…オイシイ。

ちなみに、「天ばら丼」はこちら


ふたが閉じないほどに、あふれ出すボリューム

「天ばら丼」って初耳ワードだったんですが、
貝柱海老烏賊など、普通ならかき揚げにしてしまう食材を
バラ揚げにして天丼にしたものなんだそうです。

 

こんな豪華でいいんですか?

秘伝の丼たれがかけられた

揚げたてサクサクの天ぷらたち

海老はプリプリと弾力があり

鱚はフワッと柔らかい

そして、ホクホクの甘いかぼちゃに

ピリッとアクセントのししとう

シャキシャキのれんこんに

パリッとした海苔の香り

食べ進めるほどに、さまざまな食感を楽しめます。

 

そして、またもや
お分かりいただけただろうか…?
右に控えるかぼちゃのてっぺん…
柚子の皮が添えられているんです…
爽やか!!

 

おぉっと、ちょいちょいちょい
これはズルくないっすか?

柔らかな半熟卵を割ると、
黄身がトロ~ッと

こんな絶品を食べてしまったら、弁当男子なんかやってらんねえです。
美味しい赤坂をもっと知りたいっす。
舌の肥えたシティボーイになりたいっす。

たまには、自分へのご褒美に赤坂ランチを。

それでは、また会う日まで。

天丼 金子屋 赤坂店

関連ランキング:天丼・天重 | 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください