Akasaka Gourmet

キューブグループの社員が
赤坂周辺のグルメを勝手に採点!

俺のポケモン

Comment : 0
Pocket

なんだかんだと言われたら、答えてあげるが世の情け・・・こんにちは、Director Gです。

年末年始のバタバタが一段落、戦場と化す年度末に向けて心のエネルギーチャージをすべく、

ランチタイムを利用して六本木ヒルズまで足をのばし「Media Ambition Tokyo 2019(MAT)」へ。

 

最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース

「Media Ambition Tokyo 2019(MAT)」。

7回目の今年は、テクノロジーとデザインの融合によって未来を見せる

ライゾマティクス アーキテクチャーや、アートとエデュケーションの垣根を超えて作品を

展開する「チームラボ」の作品他、多数の興味深い展示が一堂に会する魅力的な催しに。

また、「Pokemon GO」でタッグを組む「ナイアンティック」と「ポケモン」、

「宇宙を人類の生活圏にする」をビジョンに掲げる次世代民間宇宙企業「ispace」など

新進気鋭のクリエイターたちも多数出展し充実した展示となっていました。

MATにしかできない多彩なラインナップにより、テーマである『ART & TECH TOKYO』

を見事に具現化。小職の心もエネルギーフルチャージ!

ランチタイムとは、身体のエネルギーを補給するだけでなく、心のエネルギーチャージ

をする時間でもあるのね・・・

(というわけで本日、身体のエネルギー補給は「ウィダーinゼリー 」10秒チャージにて完了!)

開催概要

日程: 2019年2月23日(土)- 3月3日(日)

場所: 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

時間: 10:00 – 22:00

http://mediaambitiontokyo.jp/

 

編集後記:

英語圏では「ポケモン」を『Pocket Monsters』とは呼ばず、専ら『Pokémon』という。

(※商標も『Pokémon』)

イベント紹介サイトでもわざわざ『※Pokemon の e には鋭アクセントが付きます。』

という注記があった。

なぜなのか・・・ポケットモンスター。

<予告>

次回は弊社のお客様のお膝元、大手町にて『からあげ野郎 鶏八郎』を訪ねてみたいと思います。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.